最新記事

2018年8月18日(土)

2018年度 体育会フレッシャーズキャンプに参加

2018年度 8/6〜7の日程で琵琶湖グランドホテルにおいて新入生対象のフレッシャーズキャンプが行われました。スキー部からは一回生の石浦、冨田、富森、西村が4回生からは班のリーダーとして神戸、三輪が参加しました。

参加した部員の感想を紹介します。

石浦 陸(経済学部)

8月の6、7日と一回生の体育会の学生が集まるフレッシャーズキャンプがありました。僕は初めは緊張していましたが同じ学部の人たちと同じ班だったのでテストの話なのをしてすぐに場に馴染むことができました。そこで新しい友達も多くできたので良かったです。また、講演会では先輩たちが練習のモチベーションや自分にも色々な時期があったと様々なことを話してくれました。そして、その後の討論会では同じ班の皆と先輩の話を聞いて思ったことを発表し、試合に勝つために自分がどのように行動すればよいのか考えるなどをしたことにより、以前よりもより明確な目標を立てることができたので為になりました。
3、4回生になると今度は班長、副班長としてキャンプに参加しなければならないと思うので、そこで後輩にアドバイスできる先輩に今後の生活態度などからまずは改めなれるよに頑張りたいと思いました。
このフレッシャーズキャンプは本当に自分の大学生活の大事なイベントの1つになったと思います。ありがとうございました。

西村 大造(経済学部)

初の他の部活との交流があり、沢山の友人ができとても楽しかったです。
また色々人から話を聞けて、すごく刺激を与えられました。
特に皆さん言っていた自主的に行動し、自分を客観的に見るという言葉はすごく胸に刺さりました。
リーダーとして参加した部員の感想

私は副班長として、フレッシャーズキャンプに参加させていただきました。
今回のフレッシャーズキャンプのテーマは「体育会で活動する真の目的の確立」でした。私の個人的な「真の目的」は、自分の苦手分野に挑戦し、克服することで自信をつけることです。その目的達成のための1つのハードルとしても、このフレッシャーズキャンプは私にとっても本当に有意義なものでした。
また、1回生のフレッシュな思いを聞けたのも貴重な経験でした。このような機会がなければ、他の部の1回生と関わることはなかったでしょう。私の拙い進行について来てくれ、立派な思いを聞かせてくれた1回生に感謝します。
そして、何よりもスキー競技部の1回生に少しでも得るものがあったことを願っています。

僕自身の感想は、「自分自身と向き合うことによって活動する目的を見つめ直し4年間ぶれることのない確固たるものとする。その目的を指針とし、目標を果たすための目標や行動を考えていくこと」を主眼に先輩の方々の話を聞き自分たちで考えて文字や言葉として形にできた意義のあるキャンプだったと思い、これからも頑張ろうと思えた良いきっかけでもありました。

最後になりますが、体育会本部の方をはじめとした、フレッシャーズキャンプの企画・運営に携わってくださった方々にお礼申し上げます。ありがとうございました。

冨田 拓巳(人間健康学部)

 


2018年5月29日(火)

春期季節外大会がありました!

5月27日(日) 春期季節外大会がありました!

今大会は男子3チーム女子1チームの4チームで挑みました。

 

関西大学の結果

女子チーム(安高きら、向真由子、神戸愛美)10位

男子Aチーム(齊藤颯、冨田拓巳、石飛涼輔、西村太造)13位

男子Bチーム(金春飛翔、三輪紘暉、是兼寅之介、富森悠真)25位

男子Cチーム(石浦陸、秋元優太郎、隅田汀央、谷村浩治)29位

リザルトはこちら

 

男子 Aチーム 第1走者 斎藤颯 (商学部2回生)

走り込みが足りないと実感できた季節外でした。
これからの練習を見直したいです。

 

Bチーム 第1走者 金春ひかる(文学部3回生)

今回の季節外大会は去年と同じBチームの第一走者だったので後続の人たちにできるだけ迷惑がかからないよう全力で走ろうと心掛けていました。自分では全力で走ったのですが、いつもよりも良い走りができなく、微妙な結果に終わってしまいました。正直まだ体力がたりていないと感じたので、これから本格的にオフシーズンが始まることからもっと体力面を集中的にあげて行きたいと思います。そのためには生活習慣や食生活を考えていくとともに質の良い練習をするためにいろいろな練習を取り入れ、マイナスな面を改善していきたいと思います。

 

Cチーム 第1走者 石浦陸(経済学部1回生)

僕はCチームの1走で走りました。最初は正味余裕やろって思っていたのですがいざ走り始めるととてもしんどかったです。試合が終わり自分のやるべき課題が無事見つかったのでその課題をまずはクリアし、今年の秋にある季節外は自分の満足がいく結果を残せたら良いと思っています。

 

女子チーム 第1走者 安高きら(商学部2回生)

今回初めての季節外参加になりました。女子リレーの第1走者をさせていただきました。1走者目の順番でだいたいのレースの流れが決まってしまうので、スタートからゴールまで常にトップ集団を意識して走るようにしました。なるべく差が開きすぎないように、かつ10番以内で次の向先輩にタスキを渡すことを目標にしてました。
初めてのコースや足場で戸惑いましたが、無事に向先輩にタスキを渡せた時はとても安心しました。
一人一人が責任感を持って走らなければならないリレーは、私自身は凄く嫌いでしたが、今回の試合を経て、責任感と同じぐらい達成感を得ることを感じ、リレーの良さを改めて知ることができました。残念ながら結果には繋がらなかったので、秋の季節外大会では、入賞できるように頑張りたいと思います。部員をはじめとする、OBの方々、監督コーチ、役員の方々、暑い中ありがとうございました。

僕は今大会Aチームの4走者目を走らせてもらいました。僕にとって今大会はスキー部での初試合的なものであったので、Aチームで走ることができて本当に嬉しかったです。初試合入賞とはならずとても残念でしたが、僕としては満足のいく走りができました。しかし決して良いタイムではないのでこれからトーレーニングをつみ、秋の季節外大会ではアルペン部門で入賞できるよう努めたいと思います。

 

最後に足を運んでくれたOBの方々誠にありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

経済学部1回

西村太造


2018年5月23日(水)

平成30年度関西大学スキークラブOB・OG総会と新人歓迎会開催

平成30年度OB・OG総会と新人歓迎会が、5月19日(土)ホテル日航大阪にて開催されました。

平成30年度OB・OG総会・新人歓迎会出席者

新人5名入部で部員総勢17名、全日本学生二部昇格と全関西学生一部昇格が目標

新人5名が入部した。左から西村太造(1)、是兼寅之介(2)、富森悠真(1)、石浦陸(1)、冨田拓巳(1)の各選手。

昨シーズンの全関西学生スキー選手権大会男子二部で準優勝を果たした関西大学体育会スキー競技部、今シーズンは全日本学生二部昇格と全関西学生一部昇格を目標に定めました。平成25年には一時的に部員数が1名にまで減少しましたが、この春には新人5名が入部し総勢17名と大幅に増員され、いよいよ目標達成が現実味を帯びてきました。

現役部員の活動を支えるOB・OG会会費が一部改定され、30才年度までは3,000円に

OB・OG総会

OB・OG会幹事。左から小林祐樹、西川陽子、鞘本佳代、黒川浩二、浅田雅己、平山淳、濱中俊雄。築柴誠会長は事情により欠席した。

総会では会計報告や予算案、現役支援活動報告、OB・OG会年会費の一部改定、ホームページの運用状況などの議題が話し合われました。中でも年会費の一部改定が了承され、卒業年度から30才年度の会員は1年あたり3,000円からと低額になりました。若い世代のOB・OGのみなさまにも、より一層のご支援をお願いしたいという考えです。

年会費のご案内はこちら

また、会員への連絡方法を郵送からEメールへ転換し、運営経費削減を進めていきます。Eメールによる連絡をご希望される会員はこちらから、題名には「連絡方法変更」と入力して、メールアドレスを総務幹事・濱中俊雄までお知らせください。

会計報告や議事録など、詳しくは近くお送りする会報をご覧ください。

新人歓迎会では新しい出会いと久しぶりの再会が

新人歓迎会にはスキー競技部顧問・山本雄二教授にもご出席いただき、新卒OB・OGや久しぶりに参加した会員が、将来有望な新入部員と交流しました。現役部員16名、OB・OG会員29名が出席した歓迎会は大いに盛り上がりました。

新人歓迎会

ホテルビュフェ

山本教授
「新入部員のみなさんには、卒業する時に充実した学生生活をおくれてよかった、と思えるようがんばってほしい」

乾杯は長田浩次さん
「現役生活ではこれまでで一番がんばったと思える活動をしてほしい。その経験は社会に出て必ず役立ちます」

岡村卓実主将(中央)から今シーズンの目標とOB・OGへの挨拶

新人も自己紹介

この春卒業した“新人”OBの栗栖渉さん

こちらも“新人”OGの武田彩さん

現役女子部員とOG。左から和辻祐規子さん、向真由子選手、武田さん、鞘本さん、西川さん、神戸愛美選手。

関西大学逍遥歌を今西英生さん(中央)のリードで歌う

目標に向けて、現役部員たちはとても頑張っています。これからもスキー競技部の活動が長く継続できるよう、OB・OG会会員の皆様には活動へのご参加と、会費のご協力をお願い申し上げます。

 

公式ホームページ制作委員長

刈谷 憲一


ページの上に戻る