最新記事

2018年3月14日(水)

第88回全関西学生スキー選手権大会【クロカン編】⑤

3月12日、全関西学生スキー選手権大会最終日、クロスカントリーリレー競技が開催されました。

5キロ×4名で行われ、男子2部では4校で争われます。全大学完走すればポイント獲得でしたが、大学対抗の総合成績としては、準優勝になるか、3位になるか?といったプレッシャーのかかる種目となりました。

結果はリレー3位、学校対抗総合準優勝となりました。

リレーのリザルトはこちら、学校対抗総合成績はこちらです。

以下、選手からのコメントです。

リレー1走、市川

スタート前にリラックスする市川選手

「全関西総合準優勝をかけた戦いでした。1走を任され、前にどれだけ差をつけられずに帰って来れるかの勝負でした。結果は1走では2位と目標以上の結果が出せたと思います」

 

リレー2走、岡村

足の痛みを堪えながらあと少し!

 

「私はクラシカル走法でのレースにのぞみました。1走目の市川が良い滑りをした中で自分へバトンタッチしたので、より気合いが入りました。グリップワックスは100点とはいきませんでしたが、感触の良い状態で合わせることが出来ました。ただ、フリー走法では滑り慣れた2.5kmコースがクラシカル走法では滑るのが上手く滑ることが出来なかったのが印象に残っています。その中でチームの皆や監督をはじめとするOBOGさん達の声援が力となり、何とか3走法の石飛にバトンタッチ出来ました。結果は3位という形でしたが、悔いはありません!やっぱり、チームで戦うリレー競技は面白いです!(笑)」

 

リレー3走、石飛

アルペン組からの声援でもうひと踏ん張り!

 

「2走の岡村さんが3位でまわってきたので、4位の鳥取大学に抜かれないように頑張りました。今回走ってみて同じ5kmでも5kmコース1周より2.5km2周の方がとてもキツく感じました。コースは雪が緩くなっていて足を取られ思ったような滑りがあまりできず、無駄な体力を使ってしまい2周目で少しバテてしまいましたが、周りの応援などで力をもらい一生懸命走り、3位のまま4走に繋げることができてよかったです」

 

リレー4走、秋元

 

アンカー秋元を見守るあまり、全員口が半開き・・・
(左から石飛、市川、武田、岡村)

アンカー秋元が3位でフィニッシュ

無事走りきり、優勝ばりの歓声が起こりました。

「初めてのリレーだったので緊張していましたが、2走の市川さんや監督さんと喋っているうちにリラックスでき、その状態でスタートできることができました。走り始めるとコースの至る所にアルペンのみんなやOB・OGさん達がいて応援してくれていたので頑張れました」

 

以上が選手からのコメントでした。

そして裏では、マネージャーにより強豪校を真似したこんな板置き場が作られました。

武田工務店開業です!こんなマネージャーは関大だけ??

これならクラシカルの板もグリップワックスをした後、気にせず置けるかな??と思い、作成しました。実はクラシカルが行われた初日にも板置き場を掘ったのですが、穴に落ちる選手が続出したので、少し土手を作るなど、工夫してみました。
こんなサポートもあり??
選手たちはマネージャーの作った板置き場を「すごい!」と言いながら笑顔で使ってくれました。

クロスカントリーリレーにて全関西学生スキー選手権大会の種目は全て終了しました。
出場メンバーだけでなく、アルペンチームやマネージャー、OB・OGさん、監督コーチ一丸となって戦い、応援した最高のリレーで終われたことが非常によかったです。
ありがとうございました。

 

これにて第88回全関西学生スキー選手権大会および今シーズンが終了しました。

後日、今シーズンの振り返りを掲載させていただきます。
ぜひ、ご覧ください。

今シーズンも応援ありがとうございました。

 

文責:マネージャー 武田


2018年3月11日(日)

第88回全関西学生スキー選手権大会【クロカン編】④

本日は全関西学生スキー選手権大会4日目が開催され、クロスカントリーでは、1.2キロスプリント競技が行われました。

結果は3位市川、8位岡村、14位石飛、15位秋元でした。

リザルトはこちらです。

以下、選手からのコメントです。

 

3位、市川

「コーチからまず予選ラウンドで上の順位に入るよう指示を受けていたので一本目から9割で走りました。
結果は4位、前日から想像していた順当の結果でした。準決勝の2本目は決勝進出を決めればいいため、スタートを失敗しましたが前半で2位につける事ができ、後半は流して滑りました」


「決勝は予選ラウンドどうりの上位6名が残りました。私は予選4位だったので上の選手に挑むチャレンジャーという気持ちで挑みました。勝負所はスタートと向正面と決めていました。スタートはうまく決まり、ある程度前に出る事ができました。前半他の選手に前を閉められる事があったりトップの選手を追うことに集中出来なかったのは反省点です。向正面では3番手でしたが2番の選手の真後ろまでさを詰める事ができ、最後の直線勝負に持ち込む事が出来そうでした。直線並び『いけるかも』と思った瞬間。転倒してしまいました」


「応援してくださった皆様、すいませんでした。本当に遣る瀬無い気持ちでいっぱいです。くしゃくしゃしています。寝て切り替えて、明日頑張ります。はい」

8位、岡村

「まず、1本目はコースの路面状態がアイスバーン状態で今までのシャーベット状態の雪質とは違った形でレースを向かえました。不慣れな雪質のレースでしたが、とにかく落ち着いて滑ることを意識して滑り、無事に予選通過しました。
次に2本目は準決勝ということで、市川と同じレースでした。1本目に比べて時間がたった後でのレースだったので雪質も少し変わり、滑りやすい状態で滑れました。ただレース展開としては、4番手という結果になり、B決勝進出となりました。本当に3番手まであと少しの所だったのでA決勝に進めず、凄く悔しかったです」

「最後に3本目はB決勝ということで、自分の得意なコンディションでの試合で攻めた滑りをすることが出来たと思います。結果はB決勝内では2番手に着き、最終的には男子2部全体では8位という結果に終わりました。明日は最終日のリレー競技。自分は2走目として悔いのない滑りをしたいです」

 

14位、石飛

「スプリント種目を大会でやるのは初めてで、雰囲気とか流れなどをまだ知らなかったのでとてもワクワクしました。
スタートしたあと上りまでは良かったのですが、くだりの手前の何もないところでこけてしまい、くだりでスピードに乗ることができず時間をロスしてしまいあまりいいタイムを出せなかったので悔しい結果になったと思いました」

 

15位、秋元

「1.2kmという距離は短いので、体動かしたもん勝ちと聞いていました。
確かに聞いていた通り、気づいたらゴールしていました。
結果は予選敗退と喜ばしいものではなかったですが、スプリントのスピード感や展開の早い感じを経験できて非常に良かったです。
応援してくださったみなさまありがとうございました」

 

以上が選手からのコメントです。

明日は最後の4×5キロ(コンビネーション)です。

学校対抗で2部準優勝を目指して、頑張りますので応援よろしくお願いします。

そして、閉会式では関大から表彰台に上がる人がいるはず???

お楽しみに!

 

文責:4回マネージャー 武田


2018年3月11日(日)

第88回全関西学生スキー選手権 ジャイアントスラローム大学対抗戦

全関4日目は大学対抗戦の大回転競技が行われました。
男子は金春(文2)が7位、三輪(安全3)が12位、隅田(シス理1)が21位、谷村(情1)が途中棄権となりました。女子は向(文2)が途中棄権となりました。
男子2部のリザルトはこちら
女子1部のリザルトはこちら
選手の感想です。

7位  金春

「GSはインカレと全関のチャンピオン大会ともに不甲斐ない結果に終わってしまったので今日は絶対完走し、関大のためにポイントを取ろうと思っていました。その結果1本目は自分なりのスキーはできなかったもののなんとか12位に入ることが出来ました。2本目もバーン状況とかから結局1本目のような滑りになってしまったものの7位で入賞することができました。これを糧にこれからも頑張って行きたいと思います」

 

12位  三輪

「今日はアルペンにとっては全関最後、自分にとって今シーズン最後のレースだったので、何が何でもポイント獲得を狙おうと意気込んでいました。今朝は気温が低かったので、一本目はインカレと全関を通して最高のバーンコンディションでした。そのおかげで昨日よりポールの近くを滑ることができました。ミスや実力不足はかなり目立ちましたが、何とか一本目を15位で終え、二本目リバースにかかることができました。リバースにかかったことにより、二本目は一番スタートだったのでかなり緊張しました。結果は12位でしたが、今日は途中棄権者が多かったので、運に助けられたとしか個人的には言いようがないです。まだまだ実力不足、経験不足だと痛感させられました。この現状に満足は全くできていないので、来年は今まで以上に努力、準備を重ね更なる高みを目指したいと思います」

 

21位  隅田

「今シーズン、最後のレースでした。雪質、気温ともに最高のコンディションでした。インカレと全関のすべてのレースの中で1番滑りやすかったです。1本目の結果は25位でした。1本目のビデオを1本目と2本目の間に見ました。コース取りが外側になりすぎていたので、2本目は内側を滑ることを意識して滑りました。その結果、2本目は1本目より良い滑りが出来たと思います。人生初大会である今大会での経験を来年に活かしたいと思います」

 

途中棄権   谷村

「学校対抗でポイントを獲得するために1本目は完走しようと守りの滑りをしてしまいました。そして6位に入りポイントと入賞圏内でした。しかし2本目なんとか前の選手を抜いてやろうと気合いが入りすぎて板が外れてしまい転倒しDNFでした。今シーズンはDNFする大会が多かったので、何が原因だったかちゃんと見直して来シーズンこそはチームに貢献できるようにこれから残りのシーズン、オフシーズンのトレーニングを過ごしたいと思います」

 

途中棄権  向

「結果はDNFと不甲斐ないものでした。インスペにここは気を付けなければと着目していた場所での失敗だったので、非常に悔しいです。ですが、全レースの中で一番良い滑りができていたと思います。この良かった感覚を、あと少し残っているシーズンに生かして練習ができると思います。今シーズン初のDNFでしたが、悔しいだけで終わらせないよう練習します」

 

大学のチームとして出る最後の大会が終わりました。選手それぞれ思うことがあると思います。今大会での経験を来年に繋げられるように、残りのシーズンとオフシーズンを考えて過ごしたいと思います。

1回生  アルペン  隅田


ページの上に戻る