最新記事

2019年3月21日(木)

卒業コメント 主将・岡村卓実


私が卒業にあたり今までを振り返ると、私個人としても部としても、大きく成長を成し遂げた4年間だったと感じます。

関西大学体育会スキー競技部は総勢15名から成り立っている部活です。15名という人数は他の部活に比べて、非常に少ないと思います。しかし、私がSF(スポーツ推薦)生として、入学した時に比べると人数も増え、より“部活動”らしくなりました。本当に5〜6年前までは、部の人数が少ないため、伝統あるスキー競技部の存続が危ぶまれるほどでした。そこから、4月の新入生歓迎はもちろんのこと、SF生の受け入れや頻繁にSNSでの情報発信など、様々な方面から積極的にアプローチをかけていきました。その結果もあり、人数も飛躍的に増え、活気が出てきました。

人数も増えたことで、部全体としての競技力が高くなり、以前よりも他校とのハイレベルな勝敗争いをすることが可能になりました。しかし、人数が増えたことでより一層、一人一人の存在意義や影響力が大きくなりました。

私自身がこの4年間で個人的に学んだことは「相手の立場や目線に立って考えることの大切さ」です。立場上、幹部としてや学年が上がるのに伴って、後輩の部員に指示を出す場面が多くなります。その際に「私自身が同じ立場ならこうするだろう。」と考えていても、相手が同じようにしてくれるとは限らないことを思い知りました。一人一人の違う価値観を理解した上で、一方的に言うのではなく、相手の目線で考えることの大切さを学べました。

私はこの4年間でクロカンチーフ、副将、主将を務めさせて頂きました。1年生の頃から幹部になり、正直戸惑うことも多々ありました。また接する人や環境も変わって、不安なときもありました。しかし、現在では同期の部員や後輩達にも助けられ、非常に良いチームになったと思います。この成長には監督・コーチとOBOG会の皆様、そして今までに卒業された先輩方の大きな支えがあったからこそのものだと思います。私は卒業にあたり、今まで支えて下さった方々に感謝しながら、これから関西大学体育会スキー競技部がさらに成長していくことを期待したいと思います。
4年間ありがとうございました。

主将 岡村 卓実


2019年3月20日(水)

4年間、お世話になりました!


4回生 主務の神戸です。
4年間を振り返り、最後の投稿をさせていただきます。

まずは、私をこのスキー部に入れてくださって、ありがとうございました。私はスノーボードがしたい!と言って入部しましたが、3km走るのさえ辛く、スノーボードには触れたこともありませんでした。そんな私でも歓迎してくださり、監督は個人メニューも組んでくださりました。とても嬉しかったのを覚えています。

半年毎の季節外競技会。最初は辛いだけでしたが、段々とタイムを上げるのを楽しむようになりました。

留学から帰ってきて、副務、主務と仕事を任されるようになりました。正直、楽なものではありませんでした。毎週の提出物から、大会のエントリーや宿泊の予約など。ミスできないものばかりでした。でも大変だったからこそ、主務にしてもらえて良かったなと思っています。他の誰でもなく、自分のためになったと思っています。主務になったからこそ分かった苦労、知り合えた人、主務になったからこそスキー部に愛着を持って、スキー部を良くしようと思って頑張れて。頑張った、その努力がすごく大切だったんだなと、今だから思えます。

OBの刈谷先輩が大会に来てくださり、撮影をしてくださいました。
遠いところ来ていただき、とても嬉しかったです。

私はスキー部に入っていなければ、全く違う学生生活を送っていたと思います。アルバイトに明け暮れていたか、海外を飛び回っていたか…。でも、そうしていたら、これほど充実した学生生活ではなかったと思います。自分の苦手分野に挑戦し、克服した経験は、本当に貴重なものです。

テクニカル選手権 @氷ノ山国際スキー場

監督だけでなく、コーチや後輩も応援に来てくれ、とても大会を楽しめました!

私はこのスキー競技部が、そして部員が好きです。オフシーズンから練習を頑張っていて、シーズンインするとクリスマスもお正月も関係なく練習して。すごいと思うし、尊敬しています。だから、みんなが入って良かった!と、思えるような部活にしてほしいです。私が主務になってから、そうなるよう努めてきましたが、まだまだ足りないように感じます。だからこれからも、みんなでチームづくりをし、一人一人が悔いのない学生生活を送ってほしいです。

私がここまで頑張ってこれたのは、間違いなくまわりの方々のサポートのおかげです。いつも相談に乗ってくださった監督コーチ、1回生のときから引退まで一緒に頑張った岡村くん、辛いときいつもそばにいてくれた向さん、オフシーズン一緒に練習に励んだ三輪くん金春くん、いつもチームを盛り上げてくれる齊藤くん、そしてチームを活気づかせてくれた1・2回生のみんな。また、日頃からご声援いただいていますOBOGのみなさま、本当にありがとうございました。

これからは、スキー競技部で培った力を、他の舞台で発揮していきたいと思います。4年間、大変お世話になりました。ありがとうございました。

最後の夏合宿。
自分が走れるように、動けるようになっているのが実感でき、充実した夏季休暇でした。
OGの鞘本先輩、顧問の山本先生も応援にきてくださりました。
初めてスキージャンプを生で見て、圧倒されました。
チームで戦えた全関西。お疲れ様でした!
人生初の胴上げ。怖かったけど、嬉しかったです。みんなの笑顔が素敵ですね!

4回生 主務 スノーボード

外15-50 神戸愛美


2019年3月14日(木)

今シーズンのインカレ、全関を振り返って

今シーズンを振り返って

岡村卓実主将

主将の岡村です。
OBOGの皆さま、日頃より厚いご支援を賜り部員一同、感謝申し上げます。またサポートして下さった監督・コーチの方々へ、今シーズンも本当にお世話になりました。ありがとうございました。

チームで戦えたシーズン

今シーズンの目標は「インカレ2部昇格、全関1部昇格」でした。インカレでは無事に2部へ昇格することができ、大変嬉しかったことを覚えています。しかし、全関では残念ながら1部昇格の目標は達成出来ませんでした。

振り返ってみると、今シーズンは「チームで戦えた」ということが大きく印象に残っています。大会を通じて個人で戦うというより、チームとして関西大学スキー競技部として戦っていることが実感できたのが非常に嬉しかったです。
また私は4年間大会に参加してきましたが、今年が1番大会を楽しむことが出来たと思います。チーム一丸となって目標に向かい、それぞれが全力で挑めたこの時間は、僕にとって凄く大きな財産となりました。

来シーズンには必ず昇格を!

同時に全関では昇格することが出来ず、また個人的に試合で上手くいかないことなどもあり、「悔しさ」を感じたシーズンでもありました。この「悔しさ」を忘れず、来シーズンでは必ず昇格できるよう、練習を重ね、達成出来るよう頑張ってもらいたいと思います。
皆様に良い報告ができるよう部員一同より一層の精進を重ねていくと思います。今後ともOBOGの皆様方のご支援の程よろしくお願い申し上げます!!

4回生 主将

岡村卓実


ページの上に戻る