2018年3月6日(火)

第91回全日本スキー選手権大会クロカンの結果

3月2・3・5日に野沢温泉スキー場の南原クロスカントリーコースにおいて、第91回全日本スキー選手権大会クロカンの10kmクラシカル・5kmフリー・リレーの3種目のレースが行われました。

【結果】
男子3部10kmクラシカル
齋藤(1回生) 14位
石飛(1回生) 23位
秋元(1回生) DF

リザルトはこちら

男子3部5kmフリー
齋藤(1回生) 9位
石飛(1回生) 29位
秋元(1回生) 34位

リザルトはこちら

男子3部リレー
齋藤(1回生)
市川(2回生) 3位
岡村(3回生)

リザルトはこちら

以上のようになりました。

男子3部10kmクラシカル

1回生 秋元
私にとって今回は初めての試合で、緊張するかと思ったけど緊張感はあまりありませんでした。レースの前日は早めに寝たので、朝はすっきりした目覚めで試合にのぞめました。試合の結果としては、1周目の最後の下り坂で板が折れてしまい、DFとなってしまいました。今回の試合では板が折れるなどのハプニングもあり、びっくりしました。インカレは終わってしましましたが、引き続き全関も頑張ります。

男子3部5km フリー

1回生 石飛
5kmという距離を自分の力を出し切って走ろうとしましたが、焦ってこけてしまったりバタバタして思ったような滑りができず、あまりいい結果が出せませんでした。今回のインカレで学べたことを踏まえて、全関では今回よりリラックスして自分の滑りができるように頑張りたいです。

男子3部リレー5km×3

第1走者 齋藤(1回生)
5km×3リレー、最初は緊張しましたがレースが始まるとリラックスした走りができました。
2番手で市川先輩に渡せたことがうれしかったです。全関西でもいい走りができるように頑張ります。

第2走者 市川(2回生)
1走の齋藤が凄く良い滑りで帰ってきてくれたので自分もこれを繋がなければならないという気持ちでバトンを受けました。前1校を抜くも後ろ1校に抜かれてしまいましたがなんとか食らいついていこうと思えたのが良かったかなとおもいます。雪質も厳しい中自分の滑りがある程度でき、3走の岡村先輩に繋げたとおもいます。

第3走者 岡村(3回生)
私は3走目としてリレー競技に出場した。それまでの試合は左足首をケガ(捻挫)したせいで出場出来ませんでしたが、ケガの具合が大分良くなってきたこともあり、今回のインカレでは私にとって唯一出場した競技となりました。私は痛み止めを服用して、リレー競技に参加した。日差しが強く、シャーベット状態の雪は滑り出す度に足元が沈み、足に痛みが走りながらの試合となりました。結果としてはブランクがあり、また思うように滑れないことから、悔いの残る試合となりました。
インカレは終わり、全関が控えているのでしっかりと調整して各試合にのぞみたいです。

 

リレー競技において3位に入賞することが出来ました‼

応援ありがとうございました‼この調子で全関でも頑張ります‼

 

 

3回生 副将 岡村


ページの上に戻る