2018年3月8日(木)

第88回全関西学生スキー選手権 チャンピオン大会 男女SL

全関の初日はチャンピオン大会のSLが行われました。

2回生の金春・向、1回生の隅田は完走しましたが、3回生の三輪、1回生の谷村は1本目で途中棄権となってしまいました。

女子部員のリザルトはこちら

男子部員のリザルトはこちら

以下は出場した選手の感想となります。

 

#57 金春飛翔選手

2回生 金春

前回のインカレの一本目でこけてしまい結果がDFであったのでSAJポイントとの兼ね合いもあり、もう後がなかったので滑る前はとりあえず完走することを目標にしていました。結果、一本目は完走はしたものの慎重になりすぎてあまり良い結果がでませんでした。一本目が完走できたので明日の学校対抗に備えて一本目同様完走することを目標にしました。二本目は急斜面から緩斜面に入るところで致命的なミスをしてしまったためタイムを落としてしまいました。目標としていたことはできたのでまた明日に向けて頑張っていきたいと思います。

2回生 向

インスペの時にポールアタックを始める旗門を決めていました。ですが、ラインが落ちて攻めの滑りが出来ませんでした。セットの感じは掴めたと思うので、明日は攻めの滑りをします。

 

#106 隅田汀央選手

1回生 隅田

今日のSLは思い切って滑ることを目標として滑りました。しかし、自分の満足した滑りは出来ず、保守的な滑りになってしまいました。明日のSLでは今日のような滑りにならないようにすることとタイムをもっと意識するこおを気をつけて臨みたいと思います。

3回生 三輪

インカレのSLよりスタート位置が下がり、インスペクション時にセットの降り幅もそこまで感じなかったため、去年の全関よりは難しいレースにならないだろうと感じました。しかし、いざ試合が始まるとコースが難しくないという印象が頭に強く残ってしまったせいか、あまり攻めずに、またあまり何も考えず滑ってしまいました。その結果、アタックもせず、結果も出ずという最悪の結果となってしまいました。明日はもっと様々なことを意識して滑り、2部で15位以内になれるよう頑張ります。

1回生 谷村

今日はチャンピオン大会ということであまり気を張らずリラックスして出たつもりでした。しかし、やはりスタートに立つと緊張や勝ちたいという気持ちからいつもの練習の滑りができなかったと思います。今シーズンのSLの大会一本もゴールできていないので、明日はなんとかゴールしポイントを獲得し一部昇格に貢献できるように滑り切りたいです。

 

明日はいよいよ学校対抗戦のSLとなります。目標である全関西1部には、明日のアルペンの躍進が必要不可欠であります。完走はもちろんですが、出場選手全員が得点争いに絡み、昇格への一歩となれるよう全力を尽くします。応援の程よろしくお願いします。

3回生 アルペン 三輪


ページの上に戻る