2018年3月11日(日)

第88回全関西学生スキー選手権 ジャイアントスラローム大学対抗戦

全関4日目は大学対抗戦の大回転競技が行われました。
男子は金春(文2)が7位、三輪(安全3)が12位、隅田(シス理1)が21位、谷村(情1)が途中棄権となりました。女子は向(文2)が途中棄権となりました。
男子2部のリザルトはこちら
女子1部のリザルトはこちら
選手の感想です。

7位  金春

「GSはインカレと全関のチャンピオン大会ともに不甲斐ない結果に終わってしまったので今日は絶対完走し、関大のためにポイントを取ろうと思っていました。その結果1本目は自分なりのスキーはできなかったもののなんとか12位に入ることが出来ました。2本目もバーン状況とかから結局1本目のような滑りになってしまったものの7位で入賞することができました。これを糧にこれからも頑張って行きたいと思います」

 

12位  三輪

「今日はアルペンにとっては全関最後、自分にとって今シーズン最後のレースだったので、何が何でもポイント獲得を狙おうと意気込んでいました。今朝は気温が低かったので、一本目はインカレと全関を通して最高のバーンコンディションでした。そのおかげで昨日よりポールの近くを滑ることができました。ミスや実力不足はかなり目立ちましたが、何とか一本目を15位で終え、二本目リバースにかかることができました。リバースにかかったことにより、二本目は一番スタートだったのでかなり緊張しました。結果は12位でしたが、今日は途中棄権者が多かったので、運に助けられたとしか個人的には言いようがないです。まだまだ実力不足、経験不足だと痛感させられました。この現状に満足は全くできていないので、来年は今まで以上に努力、準備を重ね更なる高みを目指したいと思います」

 

21位  隅田

「今シーズン、最後のレースでした。雪質、気温ともに最高のコンディションでした。インカレと全関のすべてのレースの中で1番滑りやすかったです。1本目の結果は25位でした。1本目のビデオを1本目と2本目の間に見ました。コース取りが外側になりすぎていたので、2本目は内側を滑ることを意識して滑りました。その結果、2本目は1本目より良い滑りが出来たと思います。人生初大会である今大会での経験を来年に活かしたいと思います」

 

途中棄権   谷村

「学校対抗でポイントを獲得するために1本目は完走しようと守りの滑りをしてしまいました。そして6位に入りポイントと入賞圏内でした。しかし2本目なんとか前の選手を抜いてやろうと気合いが入りすぎて板が外れてしまい転倒しDNFでした。今シーズンはDNFする大会が多かったので、何が原因だったかちゃんと見直して来シーズンこそはチームに貢献できるようにこれから残りのシーズン、オフシーズンのトレーニングを過ごしたいと思います」

 

途中棄権  向

「結果はDNFと不甲斐ないものでした。インスペにここは気を付けなければと着目していた場所での失敗だったので、非常に悔しいです。ですが、全レースの中で一番良い滑りができていたと思います。この良かった感覚を、あと少し残っているシーズンに生かして練習ができると思います。今シーズン初のDNFでしたが、悔しいだけで終わらせないよう練習します」

 

大学のチームとして出る最後の大会が終わりました。選手それぞれ思うことがあると思います。今大会での経験を来年に繋げられるように、残りのシーズンとオフシーズンを考えて過ごしたいと思います。

1回生  アルペン  隅田


ページの上に戻る