2018年10月30日(火)

秋期季節外競技会が開催されました。

10月28日(日)に、秋期季節外競技会が行われました。

 

リザルトは以下の通りです。

 

男子ノルディック 9km

48位  岡村 卓実 (社4) 43分40秒

 

男子アルペン 6km

47位  三輪 絋暉 (安全4) 29分39秒

55位  金春 飛翔 (文3) 30分19秒

64位  富森 悠真 (経1) 31分50秒

 

女子ノルディック 6km

10位  安高 きら (商2) 29分56秒

 

女子アルペン 3km

17位  神戸 愛美 (外4) 16分18秒

19位  向 真由子 (文3) 17分14秒

 

学生役員

秋元 優太郎 (文2)

石浦 陸 (経1)

西村 太造 (経1)

 

OBノルディック 9km

3位 長岡 伸行さん 40分20秒

4位 小本 隆さん 44分04秒

 

全体のリザルトは、こちら から。

 

 


安高きら選手


金春飛翔選手


学生役員 石浦陸

 

以下より、4回生のコメントを紹介します。

 

【主将 4回 ノルディック 岡村卓実】

今回が私たち4回生にとって、最後の季節外大会でした。私は9月の上旬にひざのケガをしてしまい、練習もうまく出来ていない中で向かえた大会だったため、悔いが残るものでした。

その中でも、部員の皆とOBの方々の応援もあり、無事に9kmを走り切れて良かったです。これからは治療に専念し、万全の体調でシーズンイン出来るように調整していきます。

 

 

【副将 4回 アルペン 三輪絋暉】

今回が私にとって最後の季節外大会でしたが、今年は就職活動や卒業研究等で練習する時間が限られていたので体力不足は明らかで、タイムはあまり良くなかったです。しかし、今回の季節外は私にとって成長を感じられる大会となりました。

特に精神面での変化を感じることができました。今までは走りながら「しんどい」だとか「まだ終わらないのか」等のマイナスの感情ばかりが沸いていましたが、今回は「あのゼッケンは抜こう」や「最後まで出し尽くそう」等とレースに対して終始ポジティブでいることができました。

卒論の締め切り等でこれからさらに時間が限られてきますが、シーズンや雪上での大会に向けて時間を有効に使い、身体だけでなく気持ちも仕上げていきたいと思います。

 

 

【主務 4回 スノーボード 神戸愛美】

私は大会に出場するにあたり、前大会よりも1分早くゴールすることを目標としていました。そのために、夏休み・秋学期と練習をしてきました。結果は16分18秒だったので、春の季節外大会の17分2秒よりも、44秒縮まりました。
1回生のときに行われた季節外大会で、ダントツビリだった私にとって、このタイムは大きな成長でした。周りからすれば大したことではないかもしれませんが、私にとっては努力が報われ、自信につながった満足のいく大会でした。
この調子でシーズンインを迎え、冬も結果を出せるよう頑張っていきます。

しかし、部としては、これまで練習を積んできたにも関わらず、怪我で出場できなかった選手がいたことが、残念でなりません。このようなことが冬の大会で起こらないよう、練習と休養、ケアのバランスに更に気を遣って練習をし、冬を迎えたいと思います。

 

大会開催にあたり、応援および出場くださったOBさん、また学生役員をしてくれた1,2回生のみんな、そしていつもご指導いただいています監督コーチに感謝申し上げます。ありがとうございます。

これからも、変わらぬご声援・ご指導の程よろしくお願い致します。

 

主務 4回

スノーボード 神戸愛美


ページの上に戻る