2018年3月11日(日)

第88回全関西学生スキー選手権大会【クロカン編】④

本日は全関西学生スキー選手権大会4日目が開催され、クロスカントリーでは、1.2キロスプリント競技が行われました。

結果は3位市川、8位岡村、14位石飛、15位秋元でした。

リザルトはこちらです。

以下、選手からのコメントです。

 

3位、市川

「コーチからまず予選ラウンドで上の順位に入るよう指示を受けていたので一本目から9割で走りました。
結果は4位、前日から想像していた順当の結果でした。準決勝の2本目は決勝進出を決めればいいため、スタートを失敗しましたが前半で2位につける事ができ、後半は流して滑りました」


「決勝は予選ラウンドどうりの上位6名が残りました。私は予選4位だったので上の選手に挑むチャレンジャーという気持ちで挑みました。勝負所はスタートと向正面と決めていました。スタートはうまく決まり、ある程度前に出る事ができました。前半他の選手に前を閉められる事があったりトップの選手を追うことに集中出来なかったのは反省点です。向正面では3番手でしたが2番の選手の真後ろまでさを詰める事ができ、最後の直線勝負に持ち込む事が出来そうでした。直線並び『いけるかも』と思った瞬間。転倒してしまいました」


「応援してくださった皆様、すいませんでした。本当に遣る瀬無い気持ちでいっぱいです。くしゃくしゃしています。寝て切り替えて、明日頑張ります。はい」

8位、岡村

「まず、1本目はコースの路面状態がアイスバーン状態で今までのシャーベット状態の雪質とは違った形でレースを向かえました。不慣れな雪質のレースでしたが、とにかく落ち着いて滑ることを意識して滑り、無事に予選通過しました。
次に2本目は準決勝ということで、市川と同じレースでした。1本目に比べて時間がたった後でのレースだったので雪質も少し変わり、滑りやすい状態で滑れました。ただレース展開としては、4番手という結果になり、B決勝進出となりました。本当に3番手まであと少しの所だったのでA決勝に進めず、凄く悔しかったです」

「最後に3本目はB決勝ということで、自分の得意なコンディションでの試合で攻めた滑りをすることが出来たと思います。結果はB決勝内では2番手に着き、最終的には男子2部全体では8位という結果に終わりました。明日は最終日のリレー競技。自分は2走目として悔いのない滑りをしたいです」

 

14位、石飛

「スプリント種目を大会でやるのは初めてで、雰囲気とか流れなどをまだ知らなかったのでとてもワクワクしました。
スタートしたあと上りまでは良かったのですが、くだりの手前の何もないところでこけてしまい、くだりでスピードに乗ることができず時間をロスしてしまいあまりいいタイムを出せなかったので悔しい結果になったと思いました」

 

15位、秋元

「1.2kmという距離は短いので、体動かしたもん勝ちと聞いていました。
確かに聞いていた通り、気づいたらゴールしていました。
結果は予選敗退と喜ばしいものではなかったですが、スプリントのスピード感や展開の早い感じを経験できて非常に良かったです。
応援してくださったみなさまありがとうございました」

 

以上が選手からのコメントです。

明日は最後の4×5キロ(コンビネーション)です。

学校対抗で2部準優勝を目指して、頑張りますので応援よろしくお願いします。

そして、閉会式では関大から表彰台に上がる人がいるはず???

お楽しみに!

 

文責:4回マネージャー 武田


ページの上に戻る