2018年9月23日(日)

ローラー大会を終えて

今日はローラー大会でした。

天候も良く、いつもよりは走りやすい環境で選手たちものびのびと走れていたと思います。結果としては4選手出場し、3選手入賞というものでした。

 

以下より、選手の大会の終えてのコメントです。

 

  • 岡村 卓実 (社4)

今回は自分にとって、最後のローラー大会だった。今回のレースを振り返ってみると、以前から右膝をケガしているため、正直その痛みに耐えながらのレースだったと言える。また、今回のコースはこれまでの天橋立ではなく希望ヶ丘文化公園になり、初めて滑ったため、少し緊張感のあるレースになった。
大学生として最後の大会をケガをしてる状態でレースに臨んでしまい、自分が情けなく感じたが、この状態の中では男子2部内で3位といった結果を出せ、自分なりに良いパフォーマンスが出来て良かった。とにかく冬に向けて、治療に専念します。

 

  • 市川 健太 (商3)

途中でストックがおれるというハプニングもありましたが、なんとか乗り越えることが出来ました。ゴール後の給水のタイミングもバッチリでした。秋元くんありがとう(笑)

 

  • 齊藤 颯 (商2)

今年初のローラースキーの大会は思ったような結果が出すことができませんでした。
この悔しさを糧に冬にぶつけたいと思います。

 

  • 石飛 涼輔 (シス理2)

天候の良い中、2回目のローラー大会で去年より良い滑りが出来て良かったです。冬のシーズンでは今よりさらに良い滑りが出来るように頑張ります。

 

 

これからシーズンインに向けて、さらにトレーニングを積んでいきます。

変わらぬご声援のほど、よろしくお願い致します!

文学部2回

秋元優太郎

 


ページの上に戻る